shelf「nora(s)」

◎ノイズが無いということ
 田辺剛

「nora(s)」公演チラシ
「nora(s)」公演チラシ

 shelfの作品のシンプルさは、削られるものはできるだけ削ってだとか、引き算の発想だとか、そういうことで成り立っているのではない。わたしとしては久しぶりのshelf作品だった『nora(s)』において、久しぶりだったからこそと言うべきか、shelfの作品の核を垣間見たように思えた。
“shelf「nora(s)」” の続きを読む


忘れられない1冊、伝えたい1冊 第6回

◎「14歳の国」(宮沢章夫著 白水社 1998年)
 田辺剛

「14歳の国」表紙 わたしが初めて自分で戯曲を書き、劇作家として活動を始めようとした頃、どうやって書けばいいのかも分からず見よう見まねでやるほかないと、やる気だけは十分な時に出会った『14歳の国』だ。戯曲の一部を試演しているのを観て興味をもち、本屋を探したのを覚えている。装丁の写真やデザインも印象的だった。
“忘れられない1冊、伝えたい1冊 第6回” の続きを読む