FUKAIPRODUCE羽衣「サロメvsヨカナーン」

◎劇評を書くセミナー東京芸術劇場コース第7回 報告と課題劇評

「サロメvsヨカナーン」公演チラシ
「サロメvsヨカナーン」公演チラシ

 劇評セミナー第7回が2月15日(金)、講師に徳永京子さん(演劇ジャーナリスト)を迎えて東京芸術劇場で開かれました。取り上げたのは、FUKAI PRODUCE羽衣「サロメvsヨカナーン」(2013年2月1日-11日) 公演です。幕開けのころ余裕のあった場内も後半は満席となるほど、ネットの評判を呼んでうなぎ登りの人気でした。
 当日提出されたものを合わせて課題劇評は計11本。いずれも「サロメvsヨカナーン」の特徴をとらえた力作がそろいました。そのなかに、「舞台と書き手が出会って奇跡的に生まれた」と徳永さんが絶賛した1本があります。あるセミナー受講者が「初めて書いた劇評」でした。掲載した原稿を読んで、この「宝探し」にご参加ください。
(ワンダーランド編集部)

【課題原稿】
1.オリエントの果てで、女子の二軍と男子の補欠が、へたウマ的に、オリエンタリズムのちゃぶ台をひっくりかえす(高橋英之)>>
2.サロメvsヨカナーン(山本愛弓)>>
3.落語みたいな『サロメvsヨカナーン』、そして糸井幸之介(須田久美子)>>
4.繰り返されるフレーズ、増幅する想い(福原 幹之)>>
5.群像劇サロメ:リアルで切ない愛の幻影(片山幹生)>>
6.翻弄される遺伝子(中村直樹)>>
7.The First of a Million Kisses(小泉うめ)
8.毒のある花(都留由子)>>
9.そして私は途方に暮れに(大泉尚子)>>
10.よだれの雨だれ(平林正男)
11.チュッパチャプスは、あめのあじ(澤田悦子)>>

*掲載は到着順。一連番号を付けた。
*筆者名はタイトルのあとの丸括弧内に入れた。
*観劇日時は末尾の括弧に入れた。

講師:徳永京子さん(演劇ジャーナリスト)
課題公演:FUKAI PRODUCE羽衣第15回公演「サロメvsヨカナーン」(2013年2月1日-11日)
日時:2013年2月15日(金) 19:00-21:30
会場:東京芸術劇場ミーティングルーム7(6階)

【上演記録】
FUKAIPRODUCE羽衣 第15回公演「サロメvsヨカナーン」(東京芸術劇場eyes plus)
東京芸術劇場 シアターイースト(2013年02月01日-11日)

プロデュース 深井順子
脚色・演出・音楽 糸井幸之介
原案 オスカー・ワイルド

出演
深井順子 日髙啓介 鯉和鮎美 高橋義和 澤田慎司(以上、FUKAIPRODUCE羽衣)/
伊藤昌子 西田夏奈子 大西玲子(青☆組) 浅川千絵 中林舞
加藤靖久(AND ENDLESS) 代田正彦(★☆北区AKT STAGE) 岡本陽介 ゴールド☆ユスリッチ(散歩道楽)/
藤一平 枡野浩一

チケット料金
一般 3,200円 初日割引 3,000円 (全席自由)
★スタッフ★
[原案]オスカー・ワイルド
[舞台監督]渡辺了((株)ダイ・レクト)
[照明]松本永(Fantasista?ish.LLC)
[音響]佐藤こうじ(Sugar Sound)
[音響操作]寺澤光
[編曲]堀田秀顕(あっぱ)
[振付]木皮成
[映像]杉田協士
[衣装]吉田健太郎
[宣伝美術]林弥生
[チラシ絵]糸井幸之介
[チラシ短歌]深井順子
[制作]坂田厚子 大石丈太郎 林弥生
[主催・企画制作]FUKAIPRODUCE羽衣
[提携]東京芸術劇場
[協力]青☆組 (株)Office ENDLESS ★☆北区AKT STAGE
散歩道楽 FOSSETTE concierge にしすがも創造舎 シバイエンジン (有)quinada

≪ポスト・パフォーマンス・トーク≫
2013年2月5日(火)
枡野浩一(歌人/本公演出演)、杉田協士(映画監督/本公演映像)、藤一平(出演者)
聞き手:糸井幸之介

2013年2月7日(木)19:00の回終演後 約20分間を予定
ゲスト:
江本純子(俳優、脚本・演出、毛皮族主宰)
松井周(劇作家・演出家・俳優、劇団サンプル主宰)
聞き手:糸井幸之介、徳永京子(演劇ジャーナリスト)

2013年2月10日(日)14:00の回終演後 約20分間を予定
ゲスト :
石原正康(編集者、幻冬舎 取締役専務執行役)
聞き手:糸井幸之介、深井順子、徳永京子(演劇ジャーナリスト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください