劇団千年王國『SL』

 東京国際芸術祭のリージョナルシリーズで、札幌を拠点に活動している劇団千年王國「SL」公演が開かれました(3月12日-13日、東京芸術劇場小ホール1)。作・演出の 橋口幸絵さんによると、この作品は16年前に書かれた第1作 … “劇団千年王國『SL』” の続きを読む

 東京国際芸術祭のリージョナルシリーズで、札幌を拠点に活動している劇団千年王國「SL」公演が開かれました(3月12日-13日、東京芸術劇場小ホール1)。作・演出の 橋口幸絵さんによると、この作品は16年前に書かれた第1作で、たびたび手を加えて再演されてきたそうです。劇団として2003年に1回、それに今年1月に札幌で再演された舞台ですから、劇団の中心演目と言っていいではないでしょうか。
 このところ精力的に東京の舞台を見ている「デジログからあなろぐ」サイトは「まず始めにこの一言だけを言っておきたいのですが、素晴らしかったです。物語もさることながら、演出、音響、照明、そんなスタッフワークのクオリティーの高さが一際目立った作品でありました。(中略)エネルギー溢れる男性陣の演技に支えられている最近ではなかなか珍しい劇団でした」と脱帽しています。


 劇団千年王國は1999年に結成された北海道・札幌市を拠点に活動する劇団。webサイトで劇団の活動を次のようにまとめています。

全ての作品の脚本・演出をてがけるのが橋口幸絵。千年王國としての『SL』が学生時代から通算すると17本目の演出作品となります。
作品作りは橋口を中心に、脚本作りをサポートする文芸助手、稽古場を運営する演出助手、舞台裏を固める演出部・衣装部、公演全体を支える制作部を核として、劇団員キャストに外部ゲストを公演ごとに加えてカンパニーを形成するプロデュース形式。作品の特性上、重要な役割を担うスタッフワークには札幌市内の第一線で活躍する舞台スタッフが継続的に参加しています。

この劇団の公演をみようとチケットも購入していたのですが、ほかの予定が入って残念ながら出かけられませんでした。


投稿者: 北嶋孝

ワンダーランド代表

「劇団千年王國『SL』」への1件のフィードバック

  1. 千年王國『SL』

    東京国際芸術祭リージョナルシアターシリーズの最後を飾る札幌の劇団千年王國の「SL」を鑑賞してきました。 まず始めにこの一言だけを言っておきたいのですが、素晴らしかったです。 物語もさることながら、演出、音響、照明、そんなスタッフワークのクオリティーの高さ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください