週刊マガジン・ワンダーランド 第15号発行

 週刊マガジン・ワンダーランド 第15号が8日、発行されました。  10月に開かれた「吾妻橋ダンスクロッシング」評(木村覚)のほか、「エジンバラ演劇祭」報告の第4回目(中西理)などが主な内容です。「千秋残日抄」 第6回( … “週刊マガジン・ワンダーランド 第15号発行” の続きを読む

 週刊マガジン・ワンダーランド 第15号が8日、発行されました。
 10月に開かれた「吾妻橋ダンスクロッシング」評(木村覚)のほか、「エジンバラ演劇祭」報告の第4回目(中西理)などが主な内容です。「千秋残日抄」 第6回(北嶋孝)は先月末に開かれた「シアターアーツカフェ 劇評を語る会」で取り上げられた話題に触れました。
 主な目次は以下の通りです。


【目次】
◆吾妻橋ダンスクロッシング
規範をすり抜ける遊戯の内にダンス的な何か(「面白い」瞬間)がある
木村覚
◆エジンバラ演劇祭2006-4
 シェイクスピアとシャーロック・ホームズを楽しむ
 中西理(演劇コラムニスト)
■千秋残日抄 第6回 記録と制度化-劇評の周辺1
 北嶋孝

▼次号予告(第16号, 11月15日発行)
 ベケット「エンドゲーム」(田中綾乃)
 東京デスロック「再生」(高木登)
 「エジンバラ演劇祭2006-5」(中西理)ほか。

「吾妻橋ダンスクロッシング」(木村覚)と「エジンバラ演劇祭」報告(中西理)は週内にこのwonderlandサイトに再掲します。「千秋残日抄」はマガジン版のみの掲載です。
「マガジン・ワンダーランド」の購読手続きは、登録ページからお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください