週刊マガジン・ワンダーランド第17号発行

 週刊マガジン・ワンダーランド第17号が22日発行されました。  今週は、関西で旗揚げした上品芸術演劇団「まじめにともだちをかんがえる会の短い歴史」(藤原央登)と、タテヨコ企画「フラミンゴの夢」(楢原拓)の2本を取り上げ … “週刊マガジン・ワンダーランド第17号発行” の続きを読む

 週刊マガジン・ワンダーランド第17号が22日発行されました。
 今週は、関西で旗揚げした上品芸術演劇団「まじめにともだちをかんがえる会の短い歴史」(藤原央登)と、タテヨコ企画「フラミンゴの夢」(楢原拓)の2本を取り上げました。「エジンバラ演劇祭2006」は佳境に入り、あと2回続きます。連載「千秋残日抄」は筆者の都合で次回掲載となります。ご了承ください。
 詳しい目次は以下の通りです。

【目次】
◆上品芸術演劇団「まじめにともだちをかんがえる会の短い歴史」
 「確かな芝居」の世界へ切り替わる 内閉した心情をぶつけるシーンで
 藤原央登

◆タテヨコ企画「フラミンゴの夢」
 不条理な展開が生むおかしみ ナチュラルな行為の積み重ねの先で
 楢原 拓

◆エジンバラ演劇祭2006-5
 分かりやすいダンスにきわどい性描写 DANCE BASEの独自プログラム
 中西理(演劇コラムニスト)

▼次号予告(第18号, 11月29日発行)
 鈴木忠志演出「シラノ・ド・ベルジュラック」(田口アヤコ)
 「エジンバラ演劇祭2006-6」(中西理)ほか。
(以下、略)

週刊マガジン・ワンダーランドの購読は無料です。手続きは登録ページからお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください