キラリ☆ふじみが提携劇団募集 拠点活動に支援

 意欲的な活動で知られる埼玉県富士見市の公共ホール「キラリ☆ふじみ」が、同ホールを拠点として活動する劇団やダンスカンパニーを募集しています。
 募集要項によると、年1-3回キラリ☆ふじみと提携して公演する、市民との交流活動を進める-などが条件。公演会場、稽古場の提供のほか、制作支援金なども提供します。団体活動歴や主宰者の略歴、映像資料などを、2月29日(金)までキラリ☆ふじみに申し込む。書類選考(第1次審査)、面接(第2次審査)を経て3月下旬に3団体を選定。契約期間は原則として3年です。
 問い合わせは、富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ(049-268-7788)まで。詳細は次のページをご覧ください。
http://www.city.fujimi.saitama.jp/culture/bosyu/bosyu.html

 キラリ☆ふじみは2月初め、演出家コンペを兼ねた公演「大恋愛」を開いたばかり。これは公募で選ばれた3人の演出家がシェークスピアの「ロミオとジュリエット」を3パートに分けて担当する企画。それぞれの演出家が腕をふるうと同時に、古典が「いま」上演されることを3人とも共通に意識して演出された舞台でした。3人の内の1人が来年初め、阿部和重さんの芥川賞受賞作「グランド・フィナーレ」公演の演出を担当する予定です。
 今回は新機軸の第2弾、フランチャイズ団体の公募です。平田オリザさん(青年団主宰)のあとを継いだ生田萬芸術監督の意欲的な方針です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください