11月のクロスレビューはモナカ興業と田上パル

 11月のワンダーランド・クロスレビュー挑戦編は、モナカ興業「43」(下北沢小劇場楽園、11月9日-13日)と田上パルSP2本立て公演「タイトな車」「日記ちゃん」(アトリエ春風舎、11月18日-27日)です。
 モナカ興業の森新太郎は演劇集団円演出部所属。千田是也賞、文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞した若手演出家です。モナカ興業では2005年の旗揚げから劇作家フジノサツコ作品を上演してきました。今回もフジノ作、森演出です。
 田上パルの特別公演は1本目「タイトな車」が末田晴(ブンメシ)作、高羽彩(タカハ劇団)演出、田上豊(田上パル主宰)ら出演。2本目は田上作の一人芝居「日記ちゃん」です。2008年から3年間、富士見市民文化会館キラリ☆ふじみでレジデントカンパニーとして活動してきました。
 どちらの公演も見た人はだれでも、5段階評価と400字コメントでクロスレビューに参加できます。応募要項は次のページをご覧ください。採用分には薄謝を差し上げます。(編集部)
http://www.wonderlands.jp/crossreview_challenge/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください