Port B 「Referendum – 国民投票プロジェクト」

◎劇評を書くセミナーF/T編 第5回 課題劇評 その1

 劇評を書くセミナーF/T編 第5回(最終回)は11月19日(土)午後、にしすがも創造舎で開かれました。取り上げた公演は2本。F/T主催公演の掉尾を飾ったジェローム・ベル 「ザ・ショー・マスト・ゴー・オン」と、ほぼ1ヵ月間、東京近隣だけでなく福島県内を会場にしたPort B 「Referendum – 国民投票プロジェクト」でした。早稲田大演劇博物館研究助手の堀切克洋さんを講師に迎えた当日のセミナーは、名前を隠して事前配布された劇評を読んで意見交換し、最後に筆者から感想を聴くというスタイルで進みました。属人的な要素をとりあえず外し、書かれた原稿だけを基に合評するのはちょっとスリリングでもありました。ここではPort B 「Referendum – 国民投票プロジェクト」を対取り上げます。

【課題劇評】
1.いつか、トーキョーを離れるために(堀切克洋)
2.それは魂鎮めなのか(大泉尚子)
>> ジェローム・ベル 「ザ・ショー・マスト・ゴー・オン」課題劇評ページ

【上演記録】
Port B「Referendum – 国民投票プロジェクト
公演日程 :10月11日(火)~11月11日(金)
* 括弧( )内は、映像インスタレーション会場とフォーラムゲスト
10.11 オープニング集会/公開記者会見(豊島公会堂)
10.12 – 10.13 サンシャイン60周辺(東池袋公園、鴻英良(演劇批評家))
10.14 東京都庁周辺(東京都新宿住宅展示場)
10.15 – 10.17 東京タワー周辺(芝公園15号地、谷川俊太郎(詩人))
10.18 – 10.20 東京国際フォーラム(地上広場A、磯崎新(建築家)、川俣正(美術家))
10.21 – 10.23 東京ドーム周辺(東京都戦没者霊苑、ハンス=ティース・レーマン(演劇理論家、批評家)赤坂憲雄(民俗学者、学習院大学教授、福島県立博物館館長))
10.24 – 10.25 六本木ヒルズ(六本木ヒルズアリーナ、吉増剛造(詩人))
10.26 – 10.27 両国・隅田川(東京都江戸東京博物館敷地内、原武史(政治学者、明治学院大学教授))
10.28 – 10.30 夢の島(夢の島公園第二駐車場、吉見俊哉(社会学者、東京大学大学院情報学環教授))
10.31 – 11.01 秋葉原(神田明神駐車場、黒瀬陽平(美術家・美術評論家、カオス*ラウンジ代表))
11.02 – 11.04 横浜スタジアム周辺(横浜公園内、桂英史(メディア論研究者、東京藝術大学大学院映像研究科教授)、濱野智史(批評家))
11.05 郡山(うすい百貨店前歩行者天国)
11.06 いわき(いわき駅南口駅前広場 多目的スペース)
11.07 福島(MAXふくしま 北広場 、和合亮一(詩人)山田亮太(詩人)斉藤齋藤(歌人)猪股剛(臨床心理士))
11.08 会津若松(福島県立博物館)
11.09 – 11.11 池袋西口公園(池袋西口公園、今野勉(演出家、株式会社テレビマンユニオン取締役))
11.11 クロージング集会(豊島公会堂)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください