ペンギンプルペイルパイルズ『不満足な旅』

ご無沙汰しております。 先日、卒業制作を終えました。 これからは再び観劇生活に入ろうと思います。 公演から、かなり時間が経過していますが PPPPの『不満足な旅』についてのレビューを こちらのブログにアップしました。 こ … “ペンギンプルペイルパイルズ『不満足な旅』” の続きを読む

ご無沙汰しております。
先日、卒業制作を終えました。
これからは再び観劇生活に入ろうと思います。

公演から、かなり時間が経過していますが
PPPPの『不満足な旅』についてのレビューを
こちらのブログにアップしました。

これからブログの名前を大学卒業を機に
「女子大生カンゲキノススメ」から
「あじさいがごとく」と致します。

来年も、どうぞよろしくお願い致します。
皆様、良いお年をお迎えください。


小指値「俺は人間」

2004年に多摩美術大学にて結成された劇団だそうです。 今回が第三回公演とのことですが、HPにある作品制作過程に興味をひかれ、 タイニイアリスに足を運んできました。 以下「女子大生カンゲキノススメ」をご覧ください。

2004年に多摩美術大学にて結成された劇団だそうです。
今回が第三回公演とのことですが、HPにある作品制作過程に興味をひかれ、
タイニイアリスに足を運んできました。

以下「女子大生カンゲキノススメ」をご覧ください。


仏団観音びらき「女殺駄目男地獄」

相変わらずスゴい公演タイトルです。 大阪出身の劇団、仏団観音びらき第5回公演が アリスフェスティバル2005に参加しました。 歌あり、ダンスあり、笑いあり。ド派手な舞台で扱われるのは、 見て見ぬフリが出来ない女性の醜態の … “仏団観音びらき「女殺駄目男地獄」” の続きを読む

相変わらずスゴい公演タイトルです。
大阪出身の劇団、仏団観音びらき第5回公演が
アリスフェスティバル2005に参加しました。

歌あり、ダンスあり、笑いあり。ド派手な舞台で扱われるのは、
見て見ぬフリが出来ない女性の醜態の数々。

前回公演の「女囚さちこ」のときも書きましたが、
その開き直った潔い姿勢にあっぱれ!であります。

以下、「女子大生カンゲキノススメ」をご覧ください。


蜻蛉玉「ニセS高原から」

わたしの『ニセS高原から』観劇一発目は蜻蛉玉。 本家の「S高原から」をみていない私にとっては、この作品をベースとして 他の作品をみていくことになるわけだが、実はフルで男女キャストを 書き換えていたことに終演まで気付かなか … “蜻蛉玉「ニセS高原から」” の続きを読む

わたしの『ニセS高原から』観劇一発目は蜻蛉玉。
本家の「S高原から」をみていない私にとっては、この作品をベースとして
他の作品をみていくことになるわけだが、実はフルで男女キャストを
書き換えていたことに終演まで気付かなかった。

違和感を感じないままに、恋人たちの会話のやりとりに見入っていた、
これは演出家の方にとっては 「してやったり!」という感じだろうか。
蜻蛉玉の演出の島林さんは、わたしとそんなに歳のかわらない女性の方だ。

瞬時に「これは!」と目が冴えるような演出ではないけれど、
じわじわと歪みが空気ににじんで広がるような舞台に翻弄された1時間50分。

以下「女子大生カンゲキノススメ」をご覧ください。


シス・カンパニー『エドモンド』

青山円形劇場で長塚圭史演出の『エドモンド』が上演されています。シカゴでの初演では賛否両論を巻き起こしたという台本の内容もさることながら、八名の個性豊かな役者によって重みのある舞台となっています。以下「女子大生カンゲキノス … “シス・カンパニー『エドモンド』” の続きを読む

青山円形劇場で長塚圭史演出の『エドモンド』が上演されています。シカゴでの初演では賛否両論を巻き起こしたという台本の内容もさることながら、八名の個性豊かな役者によって重みのある舞台となっています。以下「女子大生カンゲキノススメ」サイトにレビューをUPします。


劇団、本谷有希子「乱暴と待機」

◎卑屈で不謹慎な人々の、上質な愛の物語 劇団、本谷有希子。 言わずもがな、ではあるが今現在、小劇場界で最も注目を集めている劇団の一つである。

◎卑屈で不謹慎な人々の、上質な愛の物語

劇団、本谷有希子。
言わずもがな、ではあるが今現在、小劇場界で最も注目を集めている劇団の一つである。

“劇団、本谷有希子「乱暴と待機」” の続きを読む


KUDAN Project「くだんの件」

 公演名を詳細に書くと、少年王者舘KUDAN Project「劇終/OSHIMAI~くだんの件」。ちょうど10年前に東京・新宿のタイニイアリスで初演され、その後98/99、2000/01年にアジア公演と国内公演が行われて … “KUDAN Project「くだんの件」” の続きを読む

 公演名を詳細に書くと、少年王者舘KUDAN Project「劇終/OSHIMAI~くだんの件」。ちょうど10年前に東京・新宿のタイニイアリスで初演され、その後98/99、2000/01年にアジア公演と国内公演が行われています。作・演出は天野天街(少年王者舘)で、小熊ヒデジ(てんぷくプロ)と寺十吾(tsumazuki no ishi)の2人芝居です。1月26日-2月1日まで横浜相鉄本多劇場で。

 KUDAN Projectのwebサイトによると、物語は次の通りです。

 どこでもない時、どこでもないところ、どこでもない夏の或る日……記憶の奥に取り残された荒廃した店頭。ホコリの積もったカウンターの奥に座る一人の男(ヒトシ)のもとに、一人の男(タロウ)が訪ねてくる。タロウは昔、集団疎開をしていた頃、このあたりの二階の片隅で半人半牛の怪物「クダン」を飼っており、その「クダン」を探しに来たという。謎めいた二人の過去をめぐり会話は捩れ、過去と現在を行きつ戻りつしながら世界は迷走し、蝉時雨を背景に分裂と増殖を繰り返す。《夏》のイメージを明滅させながら、まるで極彩色の光の中をジェットコースターで走り抜けるようなスピードで物語は展開し、夢か現(うつつ)かわからぬ世界の先に待つオシマイへと向かいます。

 葛西李奈さんから「くだんの件」のレビューが届きました。「ユメの終わるユメ」とラストの光景を重ねています。以下、全文です。

“KUDAN Project「くだんの件」” の続きを読む


ストアハウスカンパニー「Remains」

東京・江古田を本拠としてているストアハウスカンパニーの「Remains」公演が04年11月に開かれました(11月17日-23日)。ストアハウスカンパニーは既存の枠組みにこだわらず、現代演劇の新しい形式を模索し、海外公演に … “ストアハウスカンパニー「Remains」” の続きを読む

東京・江古田を本拠としてているストアハウスカンパニーの「Remains」公演が04年11月に開かれました(11月17日-23日)。ストアハウスカンパニーは既存の枠組みにこだわらず、現代演劇の新しい形式を模索し、海外公演にも積極的に取り組んでいる演劇集団です。2ヵ月余り前でやや日時が経っていますが、先に「女囚さちこ」のレビューを寄稿していただいた葛西李奈さんがこの公演を正面から取り上げました。以下、全文です。

“ストアハウスカンパニー「Remains」” の続きを読む


仏団観音びらき「女囚さちこ」

 「仏団観音びらき」という演劇ユニットが新春、新宿タイニイアリスで「女囚さちこ~ブス701号怨み節」公演(1月10-12日)を開きました。大阪を中心に活動しているようですが、今回は年末に大阪公演、年明けは東京公演と意欲的 … “仏団観音びらき「女囚さちこ」” の続きを読む

 「仏団観音びらき」という演劇ユニットが新春、新宿タイニイアリスで「女囚さちこ~ブス701号怨み節」公演(1月10-12日)を開きました。大阪を中心に活動しているようですが、今回は年末に大阪公演、年明けは東京公演と意欲的な活動展開です。インパクトのあるユニット名、包丁を持ってにらみつける怖そうな女性のポスターを見てひるむ向きがいるかもしれませんが、寄稿していただいた葛西李奈さんのレビューをまず読んでください。次回公演は出かけたくなるかもしれません。葛西さんは日大芸術学部在学中。これからも書いていただけそうです。(北嶋孝@ノースアイランド舎)

“仏団観音びらき「女囚さちこ」” の続きを読む