3人で語る「2010年7月はコレがお薦め!」

吾妻橋ダンスクロッシング・チラシ表
★カトリヒデトシさんのお薦め
維新派「台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき」(犬島精練所跡 野外特設劇場7月20日‐8月1日)
百景社 野外公演2010「授業」(茨城県つくば市豊里ゆかりの森 特設野外劇場7月8日‐11日)
第17回BeSeTo演劇祭(新国立劇場・こまばアゴラ劇場・アトリエ春風舎・静岡県舞台芸術公園・鳥の劇場 6月29日‐7月25日)のうち、柿喰う客「Wannabe-日中韓俳優出演・3カ国語版」(アトリエ春風舎 6月29日-7月19日)
★鈴木励滋さんのお薦め
吾妻橋ダンスクロッシング・チラシ裏・「吾妻橋ダンスクロッシング」(アサヒ・アートスクエア7月16日‐18日)
ミクニヤナイハラプロジェクト「幸福 オン the 道路」(STスポット7月2日‐4日、9日‐11日)
・toi presents 5th「華麗なる招待‐The Long Christmas Dinner‐」(STスポット7月23日‐8月1日)
★徳永京子さんのお薦め
ブス会「女の罪」(リトルモア地下7月29日-8月10日)
劇団、江本純子「婦人口論」(東京芸術劇場小ホール7月15日‐25日)
・「空白に落ちた男」(パルコ劇場7月24日‐8月3日)

“3人で語る「2010年7月はコレがお薦め!」” の続きを読む


3人で語る「2010年6月はコレがお薦め!」

青☆組「恋女房達」公演チラシ★カトリヒデトシさんのお薦め
青☆組「恋女房達」(アトリエ春風舎 6月3日-8日)
乞局「裂躯(ザックリ)」(笹塚ファクトリー 6月16日-21日)
南河内万歳一座「びっくり仰天街」(ザ・スズナリ 6月2日‐6日)、クロムモリブデン「恋する剥製」(HEP HALL 6月4日-8日、赤坂RED/THEATER 6月22日-7月4日)、売込隊ビーム「トバスアタマ」(「劇」小劇場 6月3日-6日)
★鈴木励滋さんのお薦め
快快(ファイファイ)「SHIBAHAMA」(東京芸術劇場小ホール 6月3日-13日)
キコqui-co.「カナリアの心臓」(神楽坂die pratze 6月11日-14日)
A.C.O.A.「共生の彼方へ」ベストセレクション「―共生の彼方へV ―どんぐりと山猫」(atelier SENTIO 6月17日-18日)、「―共生の彼方へI ―霧笛」(atelier SENTIO 6月19日-20日)
★徳永京子さんのお薦め
インパラプレパラート×エビビモpro.合同公演「エビパラビモパラート」(東京芸術劇場小ホール 6月3日-6日)
・文学座公演「麦の穂の揺れる穂先に」(紀伊國屋サザンシアター 5月31日-6月9日)
庭劇団ペニノ「アンダーグラウンド」(シアタートラム 6月6日-13日)

“3人で語る「2010年6月はコレがお薦め!」” の続きを読む


3人が語る「2010年5月はコレがお薦め!」

【3人共通のお薦め】
「ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶」公演チラシチェルフィッチュ「ホットペッパー、クーラー、そしてお別れの挨拶」(ラフォーレミュージアム原宿、5月7日-19日)
★カトリヒデトシさんのお薦め
渡辺源四郎商店「ヤナギダアキラ 最期の日」(ザ・スズナリ、5月2日-5月5日)
ロロ「旅、旅旅」(王子小劇場、5月6日-9日)
・京都×横浜プロジェクト2010「木ノ下歌舞伎 勧進帳」(横浜・STスポット5月13日-17日、京都・アトリエ劇研5月27日-30日)
★鈴木励滋さんのお薦め
ハイバイ「『ヒッキー・カンクーン・トルネード』の旅2010」(アトリエヘリコプター5月16日-23日、桜美林大学プルヌスホール5月25日-26日、福岡・西鉄ホール5月29日-30日)
中野成樹+フランケンズ「寝台特急“君のいるところ”号」(こまばアゴラ劇場、5月20日-30日)
マームとジプシー「しゃぼんのころ」(横浜・STスポット、5月26日-31日)
★徳永京子さんのお薦め
・「モジョ ミキボー」(下北沢OFF・OFFシアター、5月4日-30日)
ブルドッキングヘッドロック「Do!太宰」(三鷹市芸術文化センター・星のホール、5月14日-23日)
サスペンデッズ「2010億光年」(東京芸術劇場小ホール2、5月22日-30日)

“3人が語る「2010年5月はコレがお薦め!」” の続きを読む


自転車キンクリートSTORE「富士見町アパートメント」

◎演出家の責任と手柄のありか。
徳永京子

「富士見町アパートメント」公演チラシ観客にとってメリットの多い上演形態ほど、制作サイドの負担は膨らむ。4人の人気劇作家の新作をまとめて観られる、1編が約1時間だから気軽、同じアパートを舞台にしているからセットの違いも見比べられるなど、ちょっとしたお祭り気分さえ感じる企画で注目を集めた自転車キンクリートSTORE『富士見町アパートメント』は、だからさまざまなリスクを抱えていたはずだ。

“自転車キンクリートSTORE「富士見町アパートメント」” の続きを読む


3人が語る「2010年4月はコレがお薦め!」

【3人共通のお薦め】
鰰(はたはた)「動け!人間!」(アトリエ春風舎4月16日-5月5日)

「お薦め」鼎談★カトリヒデトシさんのお薦め
世田谷シルク「春の海」(シアター711 4月8日-11日)
箱庭円舞曲「とりあえず寝る女」(駅前劇場4月2日-6日)
柿喰う客「八百長デスマッチ/いきなりベッドシーン」(タイニイアリス 4月15日-18日 <大阪公演>八百長デスマッチ 4月23日-25日 in→dependent theatre 2nd いきなりベッドシーン 4月26日-28日 in→dependent theatre 1st)
★鈴木励滋さんのお薦め
青年団リンク 口語で古典「武蔵小金井四谷怪談」(こまばアゴラ劇場4月17日-29日)
コマツ企画「背伸び王」(下北沢 楽園4月21日-25日)
風琴工房「おるがん選集 春編」(浅草橋ルーサイトギャラリー 4月26日-29日)
※二作品ずつ「桜編」「藤編」があるため、劇団ホームページで上演時間ご確認を。(【桜】「寡婦」原作 ギ・ド・モーパッサン 「濹東綺譚」原作 永井荷風【藤】「親友交歓」原作 太宰治 「流刑地にて」原作 フランツ・カフカ)
★徳永京子さんのお薦め
・「BLUE/ORANGE」(ワーサルシアター4月22日-5月2日)
シス・カンパニー「2人の夫とわたしの事情」(Bunkamuraシアターコクーン 4月17日-5月16日)
文学座「わが町」(全労済ホール/スペース・ゼロ4月9日-18日)

“3人が語る「2010年4月はコレがお薦め!」” の続きを読む


3人が語る「2010年3月はコレがお薦め!」

「エーブルアート・オンステージ コラボ・シアター・フェスティバル2010」チラシ★カトリヒデトシさんのお薦め
ろりえ「恋2」(王子小劇場、3月3日-7日、一心寺シアター倶楽、3月13日-14日)
qui-co.キコ「はなよめのまち」(王子小劇場、3月25日-29日)
三匹の犬「現実はきびしく私たちは若いけれど要求は唐突で思い切るという手もあるかもしれない」(pit北/区域、3月25日-29日)
★鈴木励滋さんのお薦め
・「エーブルアート・オンステージ コラボ・シアター・フェスティバル2010」Bプロ「≒-にあいこーるのじじょう」(アサヒ・アートスクエア、3月18日・19日)
・「東野祥子solo dance VACUM ZONE」(シアタートラム、3月5日~7日)
時間堂「月並みなはなし」(座・高円寺、3月11日~14日)
★徳永京子さんのお薦め
・「老人ホームREMIX#1 野村誠のポストワークショップ」(BankArt Studio NYK、3月14日)
・「FABIEN PRIOVILLE」(彩の国さいたま芸術劇場3月18日)
726「太宰治 走れメロス」(下北沢OFF・OFFシアター、3月18日~23日)

“3人が語る「2010年3月はコレがお薦め!」” の続きを読む


3人が語る「2010年2月はコレがお薦め!」

【3人共通のお勧め】

「わたしたちは無傷な別人であるのか?」
チェルフィッチュ公演チラシ

チェルフィッチュ「わたしたちは無傷な別人であるのか?」(横浜STスポット2月14日-26日、横浜美術館3月1日-10日)
★カトリヒデトシさん
monophonic orchestra「センチメンタリ」(2月5日-11日、横浜STスポット)
谷賢一単独企画公演「幸せの歌をうたう犬ども」(2月2日-4日、新宿タイニイアリス)
ニットキャップシアター「踊るワン‐パラグラフ2010」(2月18日-21日、ザ・スズナリ)
★鈴木励滋さん
岡崎藝術座リズム三兄妹」(再演) (2月 27日- 3月 2日、横浜のげシャーレ )
モモンガ・コンプレックス「ウォールフラワーズ。」(2月11日-14日、キラリ☆ふじみ)
We dance (2月13日-14日、横浜市開港記念会館)
★徳永京子さん
モダンスイマーズ「凡骨タウン」(2月5日-21日、東京芸術劇場 小ホール1)
E-Pin企画10周年記念公演+城山羊の会「イーピン光線」(2月9日-14日、下北沢駅前劇場)
・池田扶美代+アラン・プラテル+ベンヤミン・ヴォルドンク「ナイン・フィンガー Nine Finger」(2月6日-7日、彩の国さいたま芸術劇場 大ホール)

“3人が語る「2010年2月はコレがお薦め!」” の続きを読む


3人で語る「2010年1月はコレがお薦め!」

今回からの新企画として、カトリヒデトシさん、鈴木励滋さん、徳永京子さんの3人に、来月のお薦めの3本を語り合っていただきます。それぞれの好きなジャンルや傾向がクロスオーバーすることで、連鎖反応的にさまざまな作品への興味が誘発されればという趣向。まずは2010年の1月の舞台について。

“3人で語る「2010年1月はコレがお薦め!」” の続きを読む


東京デスロック「演劇LOVE2008~愛の行方3本立て~ 倦怠期(CASTAYA)」

◎地図も磁石も手放した多田淳之介の、唯一の持ち物。
徳永京子(演劇ライター)

考え続けているのは、多田淳之介の時間の感覚だ。
『CASTAYA』は、東京デスロック『演劇LOVE2008~愛の行方3本立て~発情期・蜜月期・倦怠期』の「倦怠期」として上演された。発情期は『ドン・キホーテ』、蜜月期は『ジャックとその主人』と、既存の小説あるいは戯曲に、多田流の「発情」と「蜜月」の解釈をシンクロさせた作品だった。そのシリーズにあって『CASTAYA』だけが、事前に内容を伺い知る材料が何もなかった。「演出家Enric Castaya氏の意向により、事前に出演者は公表しない」と、どんな出自の役者が何人出てくるか、そのヒントすら観客に与えられなかった。

“東京デスロック「演劇LOVE2008~愛の行方3本立て~ 倦怠期(CASTAYA)」” の続きを読む


ONEOR8 「莫逆の犬」

◎「羊のナイフ」-劇作家の覚悟が生まれた瞬間
徳永京子(演劇ライター)

「莫逆の犬」公演チラシ太田省吾さんが存命中、ある年の岸田戯曲賞の審査を終えて書いた講評に「羊か狩人か」という文章がある。「作品をつくる時、観客を羊と想定するか、狩人と想定するか」という内容だが、その主旨は「戯曲を書く時、劇作家は観客の羊となるか、狩人となるか」と言い換えても差し支えないと思う。ストーリーの展開、それに付随する感情やカタルシスを、観客の望む種類のものにしていくのか、観客の予想や期待を裏切るのか。

“ONEOR8 「莫逆の犬」” の続きを読む