tpt「シカゴの性倒錯+カモの変奏曲」

「某日観劇録」サイトがtpt「シカゴの性倒錯+カモの変奏曲」(8月12-29日、 ベニサン・ピット)のレビューを掲載しています。いずれも「現代アメリカ演劇の言葉の戦士」デヴィッド・マメットの作品ですが、「アメリカには全国 … “tpt「シカゴの性倒錯+カモの変奏曲」” の続きを読む

某日観劇録」サイトがtpt「シカゴの性倒錯+カモの変奏曲」(8月12-29日、 ベニサン・ピット)のレビューを掲載しています。いずれも「現代アメリカ演劇の言葉の戦士」デヴィッド・マメットの作品ですが、「アメリカには全国的にもはや一般常識となってしまったような悩みがあって、それを観客も共有しているという前提でもともと書かれた脚本」なので「日本で上演するには、それらの解説に相当するような演出が必要になる」と述べています。


燐光群「だるまさんがころんだ」

燐光群「だるまさんがころんだ」公演は、「私たちの戦争」とともに、多くの反響を呼びました。2つの東京公演は7月15日から8月4日で終わり、その後8月末まで各地で開かれています。 こまつ座公演の評をいただいた後藤隆基さんから … “燐光群「だるまさんがころんだ」” の続きを読む

燐光群「だるまさんがころんだ」公演は、「私たちの戦争」とともに、多くの反響を呼びました。2つの東京公演は7月15日から8月4日で終わり、その後8月末まで各地で開かれています。
こまつ座公演の評をいただいた後藤隆基さんから、「だるまさんがころんだ」のレビューが届きました。坂手洋二(「燐光群」作・演出)の発信方向を見定めようとしているように思われます。

“燐光群「だるまさんがころんだ」” の続きを読む


劇団バカバッドギター「伝染するラプンツェル」

無夢楼劇団(Dreamless Theatre、台湾)の主宰者C. Jan さんから劇団バカバッドギター「伝染するラプンツェル」公演(7月23-25日、新宿タイニイアリス)のレビューが届きました。筋書き、俳優の所作、演出 … “劇団バカバッドギター「伝染するラプンツェル」” の続きを読む

無夢楼劇団(Dreamless Theatre、台湾)の主宰者C. Jan さんから劇団バカバッドギター「伝染するラプンツェル」公演(7月23-25日、新宿タイニイアリス)のレビューが届きました。筋書き、俳優の所作、演出から最後のあいさつ(礼)まで、同じ演劇人の経験を基にした詳細なレポートです。

“劇団バカバッドギター「伝染するラプンツェル」” の続きを読む


ゴキブリコンビナート「ナラク!」

「dm_on_web/日記(はてな)」がゴキブリコンビナート公演「ナラク!」を取り上げています。タイトルが「薄っ!」。「グロテスクなものをただ見せているだけで、ディテールがない」「露悪趣味もこだわれば楽しめるものになるの … “ゴキブリコンビナート「ナラク!」” の続きを読む

「dm_on_web/日記(はてな)」がゴキブリコンビナート公演「ナラク!」を取り上げています。タイトルが「薄っ!」。「グロテスクなものをただ見せているだけで、ディテールがない」「露悪趣味もこだわれば楽しめるものになるのだけど、今どき露悪趣味“だけ”で盛り上がれると思っている節があり、その辺もちょっと時間が止まってる気がする」と指摘しています。


劇団M.O.P「虚飾の町に別れのキスを」

「30’s SubCulture Blog」が劇団M.O.P公演「虚飾の町に別れのキスを」(東京・紀伊國屋ホール、8月6-12日)をみて、「難しく考えさせず、その舞台上にある世界と転がるストーリーを誰でも楽し … “劇団M.O.P「虚飾の町に別れのキスを」” の続きを読む

30’s SubCulture Blog」が劇団M.O.P公演「虚飾の町に別れのキスを」(東京・紀伊國屋ホール、8月6-12日)をみて、「難しく考えさせず、その舞台上にある世界と転がるストーリーを誰でも楽しめるエンターテインとして見せた軽快な舞台」と述べています。


こまつ座「花よりタンゴ」

「No hay banda」サイトがこまつ座第74回公演「花よりタンゴ」のレビューを掲載しています。「四姉妹は長女の旺さんと三女の鈴木さんの見せ場がたっぷりです。旺さんはさすがの存在感。歌手を目指す鈴木さんは歌をたっぷり … “こまつ座「花よりタンゴ」” の続きを読む

No hay banda」サイトがこまつ座第74回公演「花よりタンゴ」のレビューを掲載しています。「四姉妹は長女の旺さんと三女の鈴木さんの見せ場がたっぷりです。旺さんはさすがの存在感。歌手を目指す鈴木さんは歌をたっぷり聞かせてくれます…」と役者を評価しています。


非戦を選ぶ演劇人の会「あきらめない、夏 2004」

「しのぶの演劇レビュー」サイトが、永井愛さん、渡辺えり子らが実行委員をつとめる「非戦を選ぶ演劇人の会」のリーディング公演vol.6「あきらめない、夏 2004」の模様を報告しています。8月15日(日)に東京の紀伊國屋サザ … “非戦を選ぶ演劇人の会「あきらめない、夏 2004」” の続きを読む

「しのぶの演劇レビュー」サイトが、永井愛さん、渡辺えり子らが実行委員をつとめる「非戦を選ぶ演劇人の会」のリーディング公演vol.6「あきらめない、夏 2004」の模様を報告しています。8月15日(日)に東京の紀伊國屋サザンシアターで開かれました。


毬谷友子 語り芝居 『宮城野』

 その声は忍びやかに空間を支配する。無邪気な妖艶が切れ長の瞳と毒をも含んだ唇から漏れ出る。吐息が言葉を生み、息が命から生まれる。言葉の火が「演劇」を照らす標であるならば、劇場という暗がりに点された灯は毬谷友子その人である … “毬谷友子 語り芝居 『宮城野』” の続きを読む

 その声は忍びやかに空間を支配する。無邪気な妖艶が切れ長の瞳と毒をも含んだ唇から漏れ出る。吐息が言葉を生み、息が命から生まれる。言葉の火が「演劇」を照らす標であるならば、劇場という暗がりに点された灯は毬谷友子その人である。

“毬谷友子 語り芝居 『宮城野』” の続きを読む


燐光群 『だるまさんがころんだ』

創作という冒険の道行   坂手洋二という才能は常に歩いている。「現実」の道を踏み外すことなく、自身が現代を生きている、極めて強い自覚を肌身離さずに歩いている。彼は自己模倣を嫌悪する。予定調和を拒否する。貪欲に演劇表現を追 … “燐光群 『だるまさんがころんだ』” の続きを読む

創作という冒険の道行 

 坂手洋二という才能は常に歩いている。「現実」の道を踏み外すことなく、自身が現代を生きている、極めて強い自覚を肌身離さずに歩いている。彼は自己模倣を嫌悪する。予定調和を拒否する。貪欲に演劇表現を追求し、常に現行の「坂手洋二」で在り続けようとする姿勢は、作品においても、その創作過程においても貫かれている。

“燐光群 『だるまさんがころんだ』” の続きを読む


子供のためのシェイクスピアカンパニー「ハムレット」

子供のためのシェイクスピアカンパニー「ハムレット」公演が7月7日の新潟を皮切りに、9月初めまで全国を回っています。「しのぶの演劇レビュー」は東京公演(07月15-20日、世田谷パブリックシアター )をみて「老若男女を問わ … “子供のためのシェイクスピアカンパニー「ハムレット」” の続きを読む

子供のためのシェイクスピアカンパニー「ハムレット」公演が7月7日の新潟を皮切りに、9月初めまで全国を回っています。「しのぶの演劇レビュー」は東京公演(07月15-20日、世田谷パブリックシアター )をみて「老若男女を問わない日本製シェイクスピア・エンターテインメント」と評価。「stage note archives」サイトも「演劇好き、芝居好きだと自認する人ならば、絶対に一度は観ておくべき舞台」と絶賛しています(8月14日、クレオ大阪中央)。