第11回劇作家協会新人戯曲賞決まる

 第11回劇作家協会新人戯曲賞の公開審査会が10日(土)、東京・新宿の紀伊國屋サザンシアターで開かれ、田辺剛さんの「その赤い点は血だ」が受賞作に決まったようです。「X-ray」サイトが昨年に続き、詳細な審査経過を報告して … “第11回劇作家協会新人戯曲賞決まる” の続きを読む

 第11回劇作家協会新人戯曲賞の公開審査会が10日(土)、東京・新宿の紀伊國屋サザンシアターで開かれ、田辺剛さんの「その赤い点は血だ」が受賞作に決まったようです。「X-ray」サイトが昨年に続き、詳細な審査経過を報告しています。公式結果は、劇作家協会のwebサイトに近く公開される予定です。(公開されました。12.14)
 受賞した田辺さんは1975年、福岡県生まれ。個人サイト「no size」によると、京都大学在学中に演劇を始め、劇団「京都・古典・劇場」の旗揚げに参加。主に演出を担当し『授業]』『班女』などを手がけました。現在は固定メンバーによる「トランポリンショップ」と作品ごとにメンバーを募る「下鴨車窓」の2つのユニットを持ち、不登校やひきこもりの経験を持つ若者たちと演劇をつくりはじめているそうです。
 東京での公演を見てみたいと思います。


ブラジル「おしっこのはなし」

やっとUPしました。 「デジログからあなろぐ」をこれから見て、 自分の文章にトラックバックします。 おはしょり稽古より 「シチュエーションコメディで充分いけるのにぃ」

やっとUPしました。

「デジログからあなろぐ」をこれから見て、
自分の文章にトラックバックします。

おはしょり稽古より
「シチュエーションコメディで充分いけるのにぃ」


インタビューランドに市村作知雄さんが登場

 インタビューランド第3回に、東京国際芸術祭ディレクターでアートネットワーク・ジャパン理事長の市村作知雄さんが登場しました。来年のフェスティバルの見どころだけでなく、これまでの企画がどんなねらいを持ち、これからどういう方 … “インタビューランドに市村作知雄さんが登場” の続きを読む

 インタビューランド第3回に、東京国際芸術祭ディレクターでアートネットワーク・ジャパン理事長の市村作知雄さんが登場しました。来年のフェスティバルの見どころだけでなく、これまでの企画がどんなねらいを持ち、これからどういう方向に向かうのか、率直かつ詳細なお話が聞けたと思っています。
 このインタビュー欄は通り一遍ではなく、登場してもらう相手にはとことん話してほしいと思って始めました。問いかけもできるだけ率直、具体的を心がけています。これからも根ほり葉ほりのコンセプトを続けたいと思います。第1回は岡田利規(チェルフィッチュ)(聞き手・柳澤望)さん、第2回は、いまアトリエこけら落とし公演中の関美能留(三条会)(聞き手・松本和也) さんです。こちらもぜひご一読ください。