週刊「マガジン・ワンダーランド」第3号

 週刊「マガジン・ワンダーランド」(Weekly Magazine Wonderland) 第03号が発行されました。
 中西理さん(演劇コラムニスト) がポかリン記憶舎「煙の行方」公演を取り上げ、「存在の演劇」というカテゴリーを提起しています。ほかにCut In 編集部の小笠原幸介さんがreset-N『パンセ2006』(東京公演)を、高野しのぶさん(「しのぶの演劇レビュー」主宰)が、京都へ出かけてTOKYOSCAPEフェスティバルの全体像を報告しています。いずれもTOKYOSCAPEフェスティバル絡みの内容です。
  「マガジン・ワンダーランド」の購読は無料。ご希望の方は、次の登録ページからお願いします。 http://www.wonderlands.jp/info/subscription/

 順次webサイトにも再掲しますが、【千秋残日抄】は「マガジン・ワンダーランド」だけに掲載する予定です。
 主な内容は次の通りです。

◆ ポかリン記憶舎「煙の行方」
◎「存在の演劇」というフィールド 新たな演劇の地平が立ち現れてきた
 中西理(演劇コラムニスト)

◆reset-N『パンセ2006』(プレビュー公演)
◎洗練されたスタイルの完成形 新しい展開の始まりを
 小笠原幸介(Cut In 編集部)

◆TOKYOSCAPEフェスティバル
◎TOKYOSCAPEで、KYOTOトリップ!- 東京6劇団による同時多発公演 in 京都
 高野しのぶ(「しのぶの演劇レビュー」主宰)

□【千秋残日抄】第1回 唐版風の又三郎(北嶋孝)

■次号予告(第4号 8月23日発行)
 野田秀樹「THE BEE」ロンドン公演(今井克佳)
 トリプルクラウンプロデュース「彼岸島の不思議な夏」(高木龍尋)ほか。

ご期待ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください