10月に第7回フィジカルシアターフェスティバル

 第7回フィジカルシアターフェスティバルが10月3日-9日の日程で、東京・江古田のストアハウスを舞台に開かれます。同フェスティバルは「現代演劇の可能性を、その身体に関わる問題として模索するために開催され」「韓国・インドネシア・ロシア・日本の4カ国の演劇人が、それぞれの作品をたずさえて、舞台上でのバトルを繰り広げる」そうです。

 出演するのは以下の通りです。
 ・ スタジオ タクス(Studio Taksu)from インドネシア『KONTRANG – KANTRING OTAWA LAWAN CATUR』-混乱 または チェスの相手-
 ・ブラックスカイホワイト( black SKY white)from ロシア『BERTRAND’S TOYS』
 ・ビジュアルシアターカンパニー/ザ・フラワー( Visual Theater Company / The Flower)from 韓国『Mother’s Funeral』
 ・マキガミックテアトリックfrom 日本 超歌唱オペラ『チャクルパッタム』
 ・ARICA from 日本『PAY DAY ペイデイ』
 ・ストアハウスカンパニー from 日本『Ceremony-儀式』

 また同フェスティバルは通訳(英語・ロシア語・インドネシア語・韓国語)、料理、会場整理などのボランティアスタッフを募集しています。詳細は、ストストアハウス・カンパニーまで。連絡先は、info@storehouse.ne.jp。

【関連情報】
・第7回フィジカルシアターフェスティバル http://www.storehouse.ne.jp/ptf/2006/2006shosai.html


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください