横浜の「急な坂スタジオ」オープン

 舞台芸術の拠点としてスタジオ機能を中心にした公設民営の「急な坂スタジオ」(横浜市西区老松町)が完成し、その内覧会・オープニングパーティーが23日開かれました。パフォーマンスの違いに合わせて選べるスタジオ、割安の使用料、 … “横浜の「急な坂スタジオ」オープン” の続きを読む

 舞台芸術の拠点としてスタジオ機能を中心にした公設民営の「急な坂スタジオ」(横浜市西区老松町)が完成し、その内覧会・オープニングパーティーが23日開かれました。パフォーマンスの違いに合わせて選べるスタジオ、割安の使用料、最長2か月の使用可能など、創造活動支援に的を絞った本格的な施設の誕生です。中野成樹(フランケンズ)岡田利規(チェルフィッチュ)矢内原美邦(ニブロール)のレジデント・アーチスト3人に加え、4人目を公募するという「サプライズ発表」に関心が集まっていました。

 場所は京浜急行線日ノ出町駅から徒歩約5分、JR・地下鉄桜木町駅から徒歩10分。文字通り急勾配の坂を上り、横浜市中央図書館の先、野毛山公園の手前にあります。「急な坂スタジオ」の命名者はレジデントアーチストの岡田さんでした。

 舞台芸術活動の支援やアーチスト育成などの経験をもつアートネットワーク・ジャパンとSTスポット横浜の2つのNPOが共同で運営します。

 スタジオは大小3つ、分けて使うことも可能な大ホール、打ち合わせ、台本の読み合わせなどに使える和室や会議室(コミュニティールーム)も備えています。旧結婚式場を改装した施設のせいか、階段に絨毯が敷かれていたりイスがどっしりしていたり、それらしい面影も残っていした。

 スタジオはそれぞれ床の固さが違うのが特色。長期使用(1週間-2月)が可能で、料金は小スタジオ(65平方m)の単日利用は4500円ですが、1週間2万4000円、1か月8万1600円。横浜市内で公演する場合は20%割引です。

 4人目のレジデントアーチスト公募の詳細は近く、同スタジオwebサイトで公表するそうです。
 問い合わせは、急な坂スタジオ、電話045-250-5388。
webサイト:http://kyunasaka.jp/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください