週刊マガジン・ワンダーランド第13号発行

 今週のレビューは2本。マレビトの会「アウトダフェ」関西公演と指輪ホテル北米公演です。「アウトダフェ」評は、舞台の中身にまっすぐ入り込んでいる感じがします。東京公演は12月に予定されているので楽しみになりました。指輪ホテ … “週刊マガジン・ワンダーランド第13号発行” の続きを読む

 今週のレビューは2本。マレビトの会「アウトダフェ」関西公演と指輪ホテル北米公演です。「アウトダフェ」評は、舞台の中身にまっすぐ入り込んでいる感じがします。東京公演は12月に予定されているので楽しみになりました。指輪ホテル北米公演はいつにも増して緊張感のある舞台の連続だったようです。筆者田口さんの詩的な評も、気迫と覚悟が伝わ来るような気がします。ほかに「青い鳥『夏の思い出』の思い出」(千秋残日録第5回)。

 第13号の目次は次の通りです。
【目次】
◆マレビトの会「アウトダフェ」
 言葉が溢れ、言葉が失われる歴史を舞台に
 高木龍尋

◆YUBIWA Hotel “CANDIES – girlish hardcore”(指輪ホテル北米公演)
 痛みを痛みとおもわないための儀式。いきのびるために。
 田口アヤコ

◆千秋残日抄 第5回 劇団青い鳥「夏の思い出」の思い出
 北嶋孝

▼次号予告(第14号, 11月1日発行)
 長塚圭史作・演出「アジアの女」(今井克佳)
 とくお組「マンモス」(鈴木麻奈美)
 「エジンバラ演劇祭2006-3」(中西理)ほか。

■web wonderland から===================== http://www.wonderlands.jp/

◇横浜の「急な坂スタジオ」オープン [ニュース&報告]
◇シアターアーツ・カフェ 劇評を語る会 [ニュース&報告]
◇中野成樹+フランケンズ「暖かい氷河期」[特別寄稿]
 ドラマとギャグの間のミディアムテンポ(柳澤望)
◇TOKYOSCAPE-東京6劇団、京都へ。2005-2006 [特別寄稿]
 終わったけれど始まったばかりの旅 全体力と知力を注いだ3年
 詩森ろば(TOKYOSCAPEディレクター、風琴工房主宰)

◇演劇千年計画ワークショップ第2弾 [ニュース&報告]

 レビューは順次、wonderlandサイトに再掲します。
 週刊マガジン・ワンダーランドの購読は無料。手続きは登録ページからお願いします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください