岸田國士戯曲賞は該当作なし

 第51回岸田國士戯曲賞(白水社主催)の選考会が1月22日、東京・神楽坂の日本出版クラブ会館で開かれ、今回は授賞作なしと決まりました。該当作がなかったのは2002年以来5年ぶり。  選考委員は井上ひさし・岩松了・鴻上尚史・坂手洋二・永井愛・野田秀樹・宮沢章夫の7人ですが、今回井上委員は欠席。
追記:「選評」が白水社のwebサイトに掲載されました。選考委員のことばをじっくり読むことができます。
http://www.hakusuisha.co.jp/kishida/review51.php


最終候補作品 (作者五十音順、敬称略)は以下の通り。

青木豪 『獏のゆりかご』(『せりふの時代』2006年秋号)
赤堀雅秋 『津田沼』(上演台本)
中島淳彦 『ゆれる車の音』(上演台本)
はせひろいち 『歪みたがる隊列』(上演台本)
東 憲司 『海猫街』(上演台本)
蓬莱竜太 『ユタカの月』(上演台本)
前田司郎 『さようなら僕の小さな名声』(上演台本)
本谷有希子 『遭難、』(上演台本)
白水社webサイトから)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください