鳥の劇場が「芸術学校」開く 4日間で10講座

 鳥取市を拠点に活動する「鳥の劇場」(主宰・中島諒人)が2月11日から4日間の日程で「みんなのための4日間の芸術学校」を開く。  「コミュニケーション?なダンス」「『まわり』と関わるための演技術」「『何か』をもとに芝居を … “鳥の劇場が「芸術学校」開く 4日間で10講座” の続きを読む

 鳥取市を拠点に活動する「鳥の劇場」(主宰・中島諒人)が2月11日から4日間の日程で「みんなのための4日間の芸術学校」を開く。
 「コミュニケーション?なダンス」「『まわり』と関わるための演技術」「『何か』をもとに芝居をつくろう」などのほか、ビデオ作品作りを目指す「みる・撮る・まぜる」「自由に描こう抽象画」「鷲峰山を仰ぎながら『鷲峰賛歌』を作曲しよう」など舞台芸術、美術、音楽の3分野から10講座をそろえる。1講座は2日制。人や物にふれ、言葉と身体による共同作業をモチーフにした講座が目立つ。会場は旧小学校・幼稚園を使った同劇場、スタジオなど地域の10個所。受講料は無料(材料費は別)。締め切りは2月5日。
 詳細は配布チラシの画像(pdf 7.3MB)を参照。
 申し込み、問い合わせは、企画・運営の鳥の劇場まで。電話0857-84-3268、メール gakko@birdtheatre.org(「はじめてのバイオリン」講座は定員に達して応募終了)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください