岸田戯曲賞最終候補の9作品発表

 第55回岸田國士戯曲賞(白水社主催)最終候補の9作品が1月5日、白水社のwebサイトに掲載された。選考会は2月28日午後6時から東京神保町の學士會館で開かれる。 選考委員は岩松了、鴻上尚史、坂手洋二、永井愛、野田秀樹、宮沢章夫の各氏(50音順)
 最終候補作品は次の通り。

赤堀雅秋(THE SHAMPOO HA)『砂町の王』 (上演台本)
江本純子(毛皮族)『小さな恋のエロジー』 (上演台本)
竹内佑(デス電所)『空洞メディアクリエイター』 (上演台本)
田村孝裕(劇団ONE OR 8)『絶滅のトリ』 (上演台本)
中津留章仁(劇団trashmasters)『convention hazard 奇行遊戯』 (上演台本)
ノゾエ征爾(はえぎわ)『春々』 (上演台本)
前川知大(イキウメ)『プランクトンの踊り場』 (上演台本)
松井周(サンプル)『自慢の息子』 (上演台本)
丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)『スーパースター』 (上演台本)
(作者50音順、敬称略)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください