若手演出家コンクール2012最終審査

◎最優秀賞は日澤雄介さん(劇団チョコレートケーキ)

若手演出家コンクール2012

 日本演出者協会と文化庁主催の「若手演出家コンクール2012」最終審査会が3月10日、東京・下北沢の「劇」小劇場で開かれ、最優秀賞に日澤雄介さん(劇団チョコレートケーキ)が選ばれた。賞金は50万円。来年の受賞記念公演も支援を受ける。
 3月5日から10日までの期間中に優秀賞受賞4人の演出作品が上演された。4作をすべて見た人が選ぶ観客賞は、鈴木アツトさん(劇団印象-indian elephant-)が受賞した。

 最優秀賞の日澤さんは1976年東京都生まれ。主宰の劇団チョコレートケーキは、劇団員で劇作家の古川健さんの脚本を日澤さんが演出し、社会的な事象をモチーフにした公演を続けてきた。今回上演した新作「親愛なる我が総統」は、アウシュヴィッツ収容所の初代所長ルドルフ・ヘルディナント・ヘースと予審裁判にかかわる男たちを描いた物語。昨年、CoRich舞台芸術アワード!2012で第1位になった「熱狂」「あの記憶の記録」に続きナチス・ドイツ時代を取り上げた。審査委員の一人、村井健さん(演劇評論家)は「4作の中ではずば抜けている。こういうコンクールに出場する域を遙かに超えた作品であり演出」と高く評価していた。

 今回の応募は107人。第1次審査を通過した15人から、第2次審査を経て4人が優秀賞に選ばれた。優秀賞受賞者は次の通り。

・鈴木アツト……劇団印象-indian elephant-(東京都)「青鬼」(作:鈴木アツト)
・サリngROCK…突劇金魚(大阪府)「絶対の村上くん」(作:サリngROCK)
・日澤雄介………劇団チョコレートケーキ(東京都) 「親愛なる我が総統」(脚本:古川健(劇団チョコレートケーキ)
・中村房絵………天辺塔(広島県)「箱」(脚本:藤井友紀(黄金山アタック)、武田宜裕(INAGO-DX)、新名基浩(天辺塔)、永山智行(こふく劇場)、廣畑明美(劇作家集団言葉サプリラボ)、四位エリカ(劇作家集団言葉サプリラボ))


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください