演劇セミナー2011「最前線の演劇知」(前期)

◎徳永京子プロデュース クロストーク150分「最前線の演劇知」

 

セミナーは終了ました。
 舞台芸術は時代の中から生まれ花を開き根を広げて、さらに次の時代を切り開いていきます。特に演劇は、小劇場からすぐれた才能が現れ活動してきました。そういう劇作家演出家らはいま活躍するなかで何を考えどんな作品を生み出してきたのか、作品づくりの基本姿勢からこれまでぶつかった課題、蓄積してきた経験と知見は何だったのか-。これから活躍する若い世代が創造の秘密に接し、豊かな土壌から育つためにも、それら「演劇知」に迫る機会が必要だと考えました。
 若い世代に影響力を持つ最前線の4人に登場してもらい、縦横にかつ存分に語ってもらいと思います。聞き手・案内役は演劇ジャーナリストの徳永京子さん。最終回(5回目)は4人の話をもとに受講者の交流を図ります。
 演劇に関心を寄せる人、創作の内側を見たい方、劇団活動をもっと掘り下げたい人、劇作・演出の基盤に触れたい人々に贈る【50人限定企画】です。

日程・講師
4月16日(土) 14:00-16:30 岩松 了(劇作家、演出家、俳優) >> 第1回報告
5月14日(土) 14:00-16:30 長塚圭史(劇作家、演出家、俳優) >> 第2回報告
6月04日(土) 14:00-16:30 ケラリーノ・サンドロヴィッチ(劇作家、演出家、ナイロン100℃主宰) >> 第3回報告
7月09日(土) 14:00-16:30 野田秀樹(劇作家、演出家、俳優) >> 第4回報告
7月30日(土) 14:00-16:30 徳永京子(演劇ジャーナリスト) トーク&討論「4人の話から考える、演劇の可能性」 >> 第5回報告

定員:50人(一括20人+各回30人)
受講料:一括(全5回)1万円、各回(1回)3000円

水天宮ピット 地図会場水天宮ピット(東京舞台芸術活動支援センター)サロン(2階)
    

 〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町18-14(東京都立日本橋高校旧校舎)
 アクセス(地図
 東京メトロ半蔵門線 水天宮前駅2番出口 徒歩2分、都バス IBM箱崎ビル前下車 徒歩1分

主催ワンダーランド(小劇場レビューマガジン )
共催:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
協力:鈍牛倶楽部、ゴーチ・ブラザーズ、キューブ、NODA・MAP

申し込み:ワンダーランドwebサイト【特設申し込みフォーム

問い合わせ:ワンダーランド info@wonderlands.jp
〒202-0002 東京都西東京市ひばりが丘北4-1-9 Tel/Fax: 042-422-5219

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です