劇団あおきりみかん「ホップ・ストップ・バスストップ」(東京公演)

 名古屋を本拠とする劇団あおきりみかん「ホップ・ストップ・バスストップ」の東京公演が新宿のシアターモリエールで開かれました(7月9日-10日)。名古屋公演の模様は先に紹介しましたが、東京公演も内容はほぼ同じだったようです … “劇団あおきりみかん「ホップ・ストップ・バスストップ」(東京公演)” の続きを読む

 名古屋を本拠とする劇団あおきりみかん「ホップ・ストップ・バスストップ」の東京公演が新宿のシアターモリエールで開かれました(7月9日-10日)。名古屋公演の模様は先に紹介しましたが、東京公演も内容はほぼ同じだったようです。開幕するといきなり、バス待ちの長い列が舞台いっぱいに延びています。その列に並んだ人たちがバス停ごと、男女2人に乗っ取られます。いわゆる「バス停ジャック」の始まりです。


 「デジログからあなろぐ」サイトの吉俊さんは「基本的にテンション芝居・・・私、芝居してますよ!っていう空気が体や台詞からブワ~って放たれてくるのでは、私は冷めてしまったりしてしまうのですが、客席の笑いの大きいこと大きいこと・・・お客さんが笑いたくなるのも十分理解できる・・・だって面白いから」と要約しています。また「「敏腕Pの日々のつぶやき」サイトのtakahashi_pさんは「台本には多くの破綻があるものの、それすら魅力に感じるほどの“役者熱”が魅力で」「とにかくやってる面々が楽しそうだし、弁護士役(竹之内豊似?)やパー人役など、個々の力量が高かったので安定感がありました」と評価しています。

 よく動く身体と過剰な身振りや発声、あり得ない状況設定と意表を突く行動があいまって、舞台に笑いをまき散らします。これぞ小劇場のエンターテインメント、こってりしたシチュエーションコメディーという舞台に見えました。
 終演後、ほぼ満員のお客さんがなかな席を離れません。一斉に感想文を書き込んでいるのです。劇団の熱意が客席に通じた瞬間だったのではないでしょうか。
(北嶋孝@ノースアイランド舎)


投稿者: 北嶋孝

ワンダーランド代表

「劇団あおきりみかん「ホップ・ストップ・バスストップ」(東京公演)」への1件のフィードバック

  1. あおきりみかん『ホップ・ストップ・バスストップ』

    新宿シアターモリーエルにて、愛知県名古屋市を中心に活動を行っているという劇団あおきりみかんの其の拾参「ホップ・ストップ・バスストップ」を鑑賞。 学生券が激安で販売されていた為でしょうか?・・・中学生ぐらいの層の観客が多かったように思いました・・・芝居の…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください