岸田戯曲賞に佃典彦「ぬけがら」と三浦大輔「愛の渦」

 第50回岸田國士戯曲賞(白水社主催)の選考が1月23日行われ、佃典彦「ぬけがら」と三浦大輔「愛の渦」の2作が同時受賞しました。授賞式は4月4日(火)午後6時から東京神楽坂・日本出版クラブ会館(鳳凰の間)で開かれます。 … “岸田戯曲賞に佃典彦「ぬけがら」と三浦大輔「愛の渦」” の続きを読む

 第50回岸田國士戯曲賞(白水社主催)の選考が1月23日行われ、佃典彦「ぬけがら」と三浦大輔「愛の渦」の2作が同時受賞しました。授賞式は4月4日(火)午後6時から東京神楽坂・日本出版クラブ会館(鳳凰の間)で開かれます。
 佃さんは劇団B級遊撃隊を主宰し、名古屋を拠点に活動。三浦さんはポツドール主宰。このところ舞台が相次いで話題になっていただけに、3月公演は動員に拍車がかかるかもしれません。


 白水社のwebサイトに「選考過程」として受賞作品や受賞者の略歴は載っていますが、昨年(第49回)のような「選評」がまだ公開されていません。審査委員も入れ替えがあったので掲載されるかどうか分かりませんが、読んでみたいですね。

 選考委員は井上ひさし、岩松了、鴻上尚史、坂手洋二、永井愛、野田秀樹、宮沢章夫の7氏(50音順)。前回から太田省吾、岡部耕大、竹内銃一郎の3氏が抜け、鴻上、坂手、永井、宮沢の4人が新たに加わりました。

最終候補作品は以下の通りでした。

・岩崎正裕『音楽劇 JAPANESE IDIOT』(上演台本)
・小里 清『アルバートを探せ』(上演台本)
・佃 典彦『ぬけがら』(上演台本)
・長塚圭史『LAST SHOW ラストショウ』(上演台本)
・東 憲司『風来坊雷神屋敷』(上演台本)
・前田司郎『キャベツの類』(上演台本)
・三浦大輔『愛の渦』(上演台本)
・本谷有希子『乱暴と待機』(上演台本)
(作者五十音順、敬称略)


投稿者: 北嶋孝

ワンダーランド代表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください