小劇場もフェスティバルの季節

 暑い夏が訪れると、東京の小劇場もフェスティバルの季節を迎えます。劇場側が参加団体を選択、企画する場合は、演劇への見通しや新しい才能を掘り出すセンスが自ずから表れてきます。最近はディレクターを起用して独自のコンセプトや方 … “小劇場もフェスティバルの季節” の続きを読む

 暑い夏が訪れると、東京の小劇場もフェスティバルの季節を迎えます。劇場側が参加団体を選択、企画する場合は、演劇への見通しや新しい才能を掘り出すセンスが自ずから表れてきます。最近はディレクターを起用して独自のコンセプトや方向を打ち出すケースも増えてきました。ラインナップを追いながら、そういうフェスティバルの特徴を見比べるのもおもしろいのではないでしょうか。

 東京・新宿の小劇場タイニイアリスが主催する「Alice Festival 2006」は8月半ばから来年1月末までほぼ半年の長丁場。全19劇団18公演の中には地域で活躍する劇団が目立ちます。AND(札幌)芸術交響空間北辰旅団(西宮)劇団きらら(熊本)もしもしガシャーン(埼玉)河童塾(名古屋)のほか、大阪から仏壇観音開き、Ugly ducking、劇団態変、エレベーター企画が次々に上京します。
 またアジア各地の団体が参加、共同制作を続けているのも特徴で、今年は韓国・釜山演劇製作所ドンニョックが東京の榴華殿と組み、台北のRiverbed Theatreが劇団態変(大阪)と一緒に舞台をつくることになりました。
 イラクの演劇グループは3年連続で来日します。今年の詳細はまだ固まっていない点もあるようですが、これまで公演やシンポジウム、ドラマリーディングなどを通じて、厳しい争乱下でも演劇活動がさまざまな形で繰り広げられていることが伝えられました。今年も興味津々です。
 1983年から毎年続けてきたフェスティバルから、数多くの出場劇団が活躍の場を広げました。今年巣立つ劇団はどこになるのでしょうか。

 地方の劇団が東京に集まるのとは逆に、東京で活躍する6劇団が京都で公演する珍しい企画もあります。7月26日から8月6日まで京都のアトリエ劇研など4会場で開く「TOKYOSCAPE」です。参加するのはユニークポイント、風琴工房、bird’s-eye view、ポかリン記憶舎、reset-N、劇団桃唄309。いずれも「次世代を担う東京発の小劇場系のうち、他地域にない独自の個性を持ったアーティスティックな作風のカンパニー」で、この企画は「京都という小劇場界の拠点で、相互の刺激を求めた新しいフェスティバルです。多彩な交流企画を含め、関西の観客を目撃者に、京都と東京の出会いを実現します」「参加カンパニーは、文化の中心として京都に畏敬の念を抱いています。東京という経済の中心で育ったカンパニーが、京都から全国に向けて新たな発信をすることで、東京への一極集中に表現者としての抵抗を示したいと思います。TOKYOSCAPEが小劇場界の流れを変えた。そう言われる試みにしたいと願っています」(公式サイト)と開催の狙いを記しています。

 東京のこまばアゴラ劇場は8月3日からほぼ1か月間、「夏のサミット2006」を開きます。日仏合同のリベールテアトルによる「アンチゴーヌ」公演(アヌイ作)を皮切りに、afterimage(名古屋)in→dependent theatre(大阪)鉄割アルバトロスケット(東京)いいむろなおきマイムカンパニー(兵庫)TPS(札幌)劇団こふく劇場(宮崎)など。演劇だけでなく、ダンスやパフォーマンスなどにも幅広く目配りしているようです。
 ディレクターの三浦基さん(地点主宰)は今回で任期が終わり、次期の「冬のサミット2006」からチェルフィッチュ主宰の岡田利規さんに代わります。

 ダンスに特化したフェスティバルもあります。東京・麻布と神楽坂のdie pratzeはdance festival「ダンスがみたい!8 」を企画しています。昨年から「インターナショナル・シリーズ」「批評家推薦シリーズ」の2企画制。特に後者は10人の批評家が各自1人のダンサーを選ぶ方式。推薦の理由が詳しく明示され、パフォーマーだけでなく批評家の選択も問われる仕掛けです。

 東京・池袋のシアターグリーンの演劇祭vol.2「 2006 夏」は既に始まっています。A、Bの2ブロック制で、計8劇団が参加します。

 各地でも演劇フェスティバルが開かれていると思いますが、残念ながら情報が限られています。大阪の精華演劇祭 vol.4(精華小劇場)は5月に始まり8月まで開かれています。
 詳しい日程などは、以下のwebサイトでご覧ください。

[参考情報]
Alice Festival 2006(東京・新宿タイニイアリス)http://www.tinyalice.net/06-fes-lineup/index.html
TOKYOSCAPE (京都)http://www.tokyoscape.org/
夏のサミット2006(東京・こまばアゴラ劇場)http://www.agora-summit.com/
・die pratze dance festival「ダンスがみたい!8」(東京・die pratze)http://www.geocities.jp/azabubu/main.htm
シアターグリーン演劇祭vol.2「 2006 夏」(東京・池袋シアターグリーン)http://www.theater-green.com/news.html
精華演劇祭 vol.4 (大阪・精華小劇場)http://www.seikatheatre.net/play.html


投稿者: 北嶋孝

ワンダーランド代表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください