週刊マガジン・ワンダーランド第10号発行

 週刊マガジン・ワンダーランド第10号が4日、発行されました。  今回のレビューは2本。最初に、燐光群+グッドフェローズ プロデュース「壊れた風景」(別役実作)を取り上げました。筆者は東京大学教員の竹内孝宏さん。今春、惜 … “週刊マガジン・ワンダーランド第10号発行” の続きを読む

 週刊マガジン・ワンダーランド第10号が4日、発行されました。
 今回のレビューは2本。最初に、燐光群+グッドフェローズ プロデュース「壊れた風景」(別役実作)を取り上げました。筆者は東京大学教員の竹内孝宏さん。今春、惜しまれつつ活動を停止したクリティック・ライン・プロジェクトで活躍していました。一筋縄でいかない作品の皮膜を次々に剥いでいく手並みは、地中を掘削する力業に似ています。取っつきにくいかもしれませんが、読み進むに連れて確かな手応えが感じられるはずです。
 英国のエジンバラ演劇祭は多種多様なパフォーマンスが繰り広げられる大がかりな演劇系の催しとして、フランスのアビニヨン演劇祭とよく比べられます。ここ数年訪れている演劇コラムニストの中西理さんに、今週から数回にわたり紹介してもらうことになりました。初回は演劇祭の形態から始まり、フェスティバルの白眉とされる公演を取り上げてもらいました。


 次号(第11号, 10月11日発行)は、ゴキブリコンビナート「恍惚肉蓮華」改め「アンドロゲン レインボー」(西村博子)井上ひさし作、栗山民也演出「夢の痂」(後藤隆基)ほかを予定しています。ご期待ください。以下、目次です。

【目次】
◆燐光群+グッドフェローズ プロデュース「壊れた風景」(別役実作)
 責任も無責任もありえないような状況がありうるということについて(竹内孝宏)
◆エジンバラ演劇祭2006りポート(1)
 リヨン・オペラ座のブレヒト=クルト・ヴァイル2本が白眉(中西理)

■web wonderland から=http://www.wonderlands.jp/
◇演劇資料を無料公開 にしすがも創造舎に「舞台芸術アーカイブ」[ニュース&報告]
◇庭劇団ペニノ「アンダーグラウンド」[特別寄稿]
 「庭」が可能にするリアルな妄想の感触(木村覚)
◇蜻蛉玉「へ音記号の果物」[特別寄稿]
 果実の香り立ち上る 五感で描く女と生命の姿(葛西李奈)
◇前田司郎作・演出「ノーバディ」(演劇計画2006)[特別寄稿]
 この舞台はちょっと凄いぞ 身体表現の新次元を開示(藤原央登)
◇H・アール・カオスの大島早紀子インタビュー [ページ紹介]
◇ピンク「We Love Pink」[特別寄稿]
 ピンク:かわいい子には悪ノリさせろ!(伊藤亜紗)
◇ポタライブ世田谷編「ヒナ」[特別寄稿]
 「近所」のドラマを掘り起こす(柳澤望)
◇鈴木忠志氏、無料公開セミナー [ニュース&報告]
◇ポツドール特別企画公演「女のみち」[北嶋孝]

■次号予告(第11号, 10月11日発行)
 ゴキブリコンビナート「恍惚肉蓮華」改め「アンドロゲン レインボー」
(西村博子)
 井上ひさし作、栗山民也演出「夢の痂」(後藤隆基)ほか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください