横浜にスタジオ機能中心の舞台芸術拠点 公設民営の「急な坂スタジオ」

 公共施設を舞台芸術の拠点にする動きが最近見られますが、横浜にまたユニークな公設民営の文化施設が誕生します。横浜市野毛山の「急な坂スタジオ」。大小6つのスタジオを整備し最長2か月までの長期利用を可能にして利用者側の要望に … “横浜にスタジオ機能中心の舞台芸術拠点 公設民営の「急な坂スタジオ」” の続きを読む

 公共施設を舞台芸術の拠点にする動きが最近見られますが、横浜にまたユニークな公設民営の文化施設が誕生します。横浜市野毛山の「急な坂スタジオ」。大小6つのスタジオを整備し最長2か月までの長期利用を可能にして利用者側の要望に応えます。

 急な坂スタジオは、旧結婚式場。横浜市の方針を受けて、NPO法人アートネットワーク・ジャパンとNPO法人STスポット横浜が、作品創造に必要なインフラ(稽古場)機能を重視したプラットフォームとして共同で管理・運営することになりました。

 また横浜を拠点に活躍する岡田利規(チェルフィッチュ)、中野成樹(中野成樹+フランケンズ)、矢内原美邦(Nibroll)の3人をレジデント・アーティストとして迎えます。

 スタジオ内覧会は10月23日(月)から11月にかけて数回予定。23日はレジデント・アーティストの紹介とトーク、矢内原美邦率いるNibrollの特別公開リハーサルも開かれます。
 11月4日はオープン記念シンポジウム「横浜、舞台芸術創造の新展望を探る」も開かれます。

 内覧会とシンポジウムは入場無料ですが、予約が必要です。詳細は、急な坂スタジオか同webサイトまで。

【問い合わせ】
横浜アートプラットフォーム「急な坂スタジオ」
〒220-0032 横浜市西区老松町26-1 旧老松会館
Office : tel 045-250-5388 / fax 045-261-1300
http://kyunasaka.jp
toiawase@kyunasaka.jp


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください