アリスフェスティバル2010始まる

アリスフェスティバル2010チラシ
アリスフェスティバル2010

 小劇場の老舗、新宿・タイニイアリスを拠点に開かれるアリスフェスティバル2010が9月22日から始まった。来年2月までの期間中、東京、大阪、札幌など各地の劇団のほか、日本、韓国の劇団、それに台湾の演劇人も加わった合同公演など計14公演が予定されている。今回は特に韓国の東亜演劇賞3賞( ‘Best Play’, ‘Best New Director’ , ‘Best Stage Design’)を獲得、昨年度の韓国ベストプレイと言われる「 Floor in Attic 屋根裏の床を掻き毟る男たち」公演(10月2日-4日)が話題を呼びそう。

 1983年の劇場開設と同時に始まったフェステイバルは小劇場の登竜門とも言われ、いま活躍中の少年王者舘や南河内万歳一座のほか、青年団やチェルフィッチュも登場した。また90年代からアジアの演劇紹介に力を入れ、韓国、台湾、中国の劇団を次々に招聘した。

▽9月-10月の予定は次の通り。
①手作り工房錫村 from東京 /錫村聡作・演出「ムチムチ」2010.9/22-26日
②Street Theatre Troupe(演戯団コリペ) from釜山/李潤澤「Floor in Attick-屋根裏の床を掻き毟る男たち」10/2-4日
③快楽のまばたき from東京 /高田百合絵作・演出「火蝶於七」10/8-11日
④AND from札幌 /亀井健作・演出「ファンク漂う 君と僕の爆発だ」10/22-24日
⑤劇団アランサムセ from東京 /金元培脚本・金正浩演出「夢の国さがして」10/28-31日

・全日程は次のページを参照:http://www.tinyalice.net/10fes-lineup/index.htm


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください