座・高円寺2013年度プログラム

◎佐藤信の新作「リア」ほか年間30作品を上演

 座・高円寺の2013年度プログラム説明会が、4月1日、座・高円寺の阿波おどりホールで開催された。
 2013年4月から2014年3月までに上演される主催、提携公演の演出家、劇作家たちが集まり、自作のプレゼンテーションを行った。座・高円寺での2013年度の舞台公演は30本余り、このうち8企画12公演が劇場主催公演で、ほかが日本劇作家協会などとの提携企画となる。劇場主催公演としては、劇場芸術監督の佐藤信の新作「リア」が今年新たにレパートリーに加わった。シェイクスピアの「リア王」を渡辺美佐子、田中壮太郎(俳優座)、植本潤(花組芝居)の三名の役者だけで再現する試みで、5月17日から5月26日まで上演される。

高円寺2013年度プログラム説明会から
【写真はプログラム説明会から 作品を発表する劇作家ら。撮影=ワンダーランド 禁無断転載】

 劇場のパートナーである日本劇作家協会の企画としては「新しい劇作家シリーズ」の公演が行われる。嶽本あゆ美(メメントC)、長田育恵(てがみ座)、徳尾浩司(とくお組)、相馬杜宇の4人の若手・中堅劇作家の作品が7月から8月にかけて上演される。
 このほか兵庫県立ピッコロ劇団による別役実の新作「不条理・四谷怪談」(6月21日~23日)、燐光群の新作、MODEのカフカ三部作(「失踪者」「審判」「城」)連続上演、TRASHMASTERSの新作公演などを予定している。(編集部)

・座・高円寺2013年度主催・提携公演ラインナップ(PDF) >>
・座・高円寺2013年度プログラム説明会 >>


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください