週刊「マガジン・ワンダーランド」を始めます。

 この8月から週刊「マガジン・ワンダーランド」を始めます。Webサイト”wonderland”(wonderlands.jp)が8月1日に2周年を迎えるのを機に、新しい展開を図ることにしました。 … “週刊「マガジン・ワンダーランド」を始めます。” の続きを読む

 この8月から週刊「マガジン・ワンダーランド」を始めます。Webサイト”wonderland”(wonderlands.jp)が8月1日に2周年を迎えるのを機に、新しい展開を図ることにしました。
 Webサイトと同じように、主に小劇場を舞台にした演劇やダンス、パフォーマンスを取り上げます。発行形態はメール、いわゆるメールマガジン形式ですが、webサイトと連携し、それぞれに互いの内容が見られるように工夫します。webマガジンとメールマガジンの相互補完体制を作り、今後もインターネットで出来ることを工夫してみるつもりです。購読は無料です。

 Web版はメンバー制を敷き、各自がいつでも、書きたい劇評を編集サイドを経ることなく直接掲載してきました。筆者の自由を最大限に保証する緩やかな編集方式です。「週刊マガジン・ワンダーランド」は編集人(編集長)が個人で原稿を依頼する方式をとります。と言っても取り上げる公演は出来る限り筆者の意向を尊重し、雑誌につきまとう字数制限はありません。必要なだけ書けるスペースを確保します。
 各号に劇評が1-2本載り、あとはwebの文章を再掲する予定です。検討中の企画もありますが、追々明らかにしたいと思います。

 創刊の狙いはwebサイトと同じく、演劇やダンス、パフォーマンスを通して「いま」を知りたい、感じたいということに尽きます。「いま」が日本だけに限られず、しかも時間や構造が捻れたり流れが変則的だったり時には逆行したり、さまざまな変容態で存在します。そのアマルガムにできるだけ取り付いてみたいと考えました。

 「マガジン・ワンダーランド」は期間限定です。とりあえず週刊で2年間、計100号を目指します。ほとんど個人編集、個人発行になります。気力と資金が尽きて、そこまでたどり着かないかもしれません。そのときはご容赦を。運良く100号にたどり着いたら、その後のことはそのときに考えましょう。

 Web版は従来通りの方式で、各メンバーが自由に劇評を掲載します。ほかに小劇場関連のニュースを載せ、インタビューも予定しています。ただこれまでなかった広告掲載を準備しています。いくらにもならないことは承知していますが、とりあえずやってみるつもりです。

 申し込みは、登録・解除ページからお願いします。まぐまぐ!とmelma! から配信します。それぞれ規約などを確認の上、手続きしてください。
・登録・解除ページ:http://www.wonderlands.jp/info/subscription/
(北嶋@ノースアイランド舎 2006.7.25)


投稿者: 北嶋孝

ワンダーランド代表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください