岸田戯曲賞に前田司郎「生きてるものはいないのか」

第52回岸田國士戯曲賞(白水社主催)の選考会が1月28日、東京神楽坂・日本出版クラブ会館で開かれ、前田司郎『生きてるものはいないのか』が受賞作と決まりました。正賞は時計、副賞は賞金20万円。授賞式は4月7日(月)午後6時より日本出版クラブ会館で開かれます。

前田さんは1977年東京生まれ。和光大在学中から演劇活動を始め、「五反田団」主宰。岸田賞の最終候補4回目での受賞となりました。

白水社webサイトによると、選考委員の鴻上尚史さんは「いまどきちゃんとした正当な不条理演劇を読んで、すがすがしい気持ちになりました。死ぬ時に何を語るかということが大変面白い作品でした。その仕掛けの見事さに気持ちよく騙されたいというのが、選考委員の大勢でした」とコメントしています。

選考委員は次の通り。
井上ひさし・岩松了・鴻上尚史・坂手洋二・永井愛・野田秀樹・宮沢章夫(50音順、敬称略)

最終候補に残ったのは次の8作品(作者五十音順、敬称略)。
・青木豪 『Get Back!』(上演台本)
・赤堀雅秋 『その夜の侍』(上演台本)
・桑原裕子 『甘い丘』(上演台本)
・タニノクロウ 『笑顔の砦』(上演台本)
・前田司郎 『生きてるものはいないのか』(上演台本)
・本谷有希子 『偏路』(上演台本)
・矢内原美邦 『青ノ鳥』(上演台本)
・山岡徳貴子 『静物たちの遊泳』(上演台本)

【関連情報】
・白水社岸田國士戯曲賞ページ
http://www.hakusuisha.co.jp/kishida/award.php
・五反田団webサイト:http://www.uranus.dti.ne.jp/~gotannda/
・ワンダーランド・クロスレビュー:五反田団+演劇計画2007「生きてるものはいないのか」: http://www.wonderlands.jp/archives/12328/
・前田司郎(五反田団)インタビュー(wonderland


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください