連載企画「外国人が見る小劇場」 第2回

-印象に残る舞台は…。

ツァラヌ PLAT-formanceの「cut-out-list」、シベリア少女鉄道「遥か遠く同じ空の下で君に贈る声援2013」、極東退屈道場「サブウェイ」、それから札幌のintro「わたし-THE CASSETTETAPE GIRLS DIARY」など。特に最後の二つの場合、物語の内容というよりは、その演じ方に特徴があると思いました。

チェルフィッチュが注目されるわけ

-もう少し具体的に言うと…。

ツァラヌ 演技方法が注目すべきところではないかと思います。いうまでもなく、自分たちの演劇を作り出そうという方向は、ヨーロッパの演劇には見られない現象ではないでしょうか。チェルフィッチュがいま、ヨーロッパで大人気になったのは、おそらくそういう理由だと思います。

-身体的な様式が新しいという評価なんですか。

ツァラヌ そうですね。身体性と言葉を別々にするというのは、いままでの演劇では、役者が発声する言葉は仕草に支えられていました。岡田利規さんの演技方法では、例えば「三月の五日間」に言葉が一つの物語を表しているけれども、仕草は全く別の物語を示しているように見えました。それがおもしろいと受け止められているのではないでしょうか。

-チェルフィッチュのようなスタイルが日本で生まれるのはどうしてでしょう。ヨーロッパで生まれても不思議ではないのではありませんか。

ツァラヌ うーん。多分、ヨーロッパでは生まれないでしょうね。岡田さんはご自分で否定していますが、あくまでも日本の伝統芸能にある「型」と関係あるのではないかと、ヨーロッパの研究者たちは考えています。私の師匠であるスタンカ・ショルツ先生もその中の一人です。岡田さんに直接そう話したら、違うと言われたようですけど、どうですかね。ヨーロッパでは生まれないスタイルだと思います。

-欧米の演劇観からすると、どこが意外なのですか。

ツァラヌ おそらく能や歌舞伎から自然に生まれた「型」ではないでしょうか。その型は必要とされて、自然に生まれたと思います。でも、いままでの観劇体験から分かったことは、チェルフィッチュのスタイルは、数多くある内の一つだということです。ほかのスタイルもあって、演劇とどう取り組むかはアーティストによって異なります。

ヨーロッパの狭い枠

-日本では劇団の主宰者が劇作家であり演出家という場合が圧倒的に多い。ヨーロッパの場合は劇作家と演出家が別々に存在し活動できますよね。そういう違いや特徴が、いわゆる日本の小劇場の背景になっているのでしょうか。

ツァラヌ 日本の演劇状況は非常に独特です。だからおもしろいんです。

-どの辺が独特でおもしろいのでしょう。

ツァラヌ 多様性のせいもあり競争のせいもありますが、みなさんが自分たちなりに独特の演劇を作ろうと思っています。そこがおもしろいし、魅力ですね。ヨーロッパではどうでしょう。劇作家は自分の作品ができればいい、演出家は自分が考えたことが実現できればそれでいいと考えがちではないでしょうか。むしろヨーロッパの演劇人には、ビジョンが欠けている。もっと演劇の可能性を検討すべきだと思います。非常に限られた狭い枠で演劇を考えていると思います。

-ヨーロッパの演劇には身体や空間との関係で生まれる演出という考え方は見られないのですか。逆にいうとそれは、日本の演劇固有の現象なんですか。

ツァラヌ 個人的に、ヨーロッパ人に文句を言いたいんですね。あまりに自己中心で、一人一人自分の狭い世界より他は何も見えない、見ない、考えない。それが今いちばん大変な問題じゃないかなと思います。

-アメリカは世界中で影響力を行使しているのに自分たちの世界しか見ない、見えない、と冗談半分でよく言われますけど、ヨーロッパの人たちもそうなんですか。

ツァラヌ 自分たちの問題に取り込まれてしまって、他に何も考えない姿勢が強いですね。アメリカとヨーロッパ以外の世界はもっと広いよ、と言いたいです。そういうことを意識していないと、自分がどれくらい限られた世界に住んでいるかが分からないわけです。今ヨーロッパではいろんな国が一体になろうとしていますが、文化や考え方の違いがあってなかなかうまくいかない。経済的にはEUですけれど、文化の面ではまだまだ課題がたくさんあります。
 そして今、演劇人のいちばん大きなテーマとしては、どうやってEUの色々な文化の間のコミュニケーションを盛んにするかということです。そのため現在では、ドキュメンタリー演劇が多い。現実との関係をしっかり保って、今ここに住んでいる人たちの現実を反映しようという演劇が多いのです。でも、それは必要な問題ですし、現在向き合わないといけない問題なのですが、もっと広い大事な問題があるのではないかなと思います。

▼次ページへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください