維新派「風景画-東京・池袋」

◎劇評を書くセミナーF/T編 第3回 課題劇評

「風景画-東京・池袋」公演チラシ
「風景画-東京・池袋」公演チラシ

 ワンダーランドの「劇評を書くセミナーF/T編」第3回は10月22日(土)、にしすがも創造舎で開かれました。取り上げた公演は、維新派「風景画-東京・池袋」(2011年10月7日-16日)です。9月末の瀬戸内・犬島公演をへて、東京のデパート屋上(西武百貨店池袋本店4階まつりの広場)に登場したパフォーマンスはどのように変貌し、都会のど真ん中にどのように出現したのか-。提出された課題作を基に、講師の岡野宏文さん(元「新劇」編集長)のコメントを挟みながら、駅に隣接したデパート屋上という立地の特質、維新派の活動形態や俳優の特徴など活発な話し合いが続きました。
 以下の8本の劇評は、セミナーでの話し合いを基に加筆、修正されました。掲載は到着順です。

▽課題劇評(提出順)
1.背景となる都会との調和と可能性(福原幹之)
2.たった一歩。それが永遠に遠かった。(よこた たかお)
3.維新派の「風景画」を観て(直井玲子)
4.維新派、池袋を呪う(クリハラユミエ)
5.飛び石を渡る足取り(大泉尚子)
6.意味を考えることには、あまり意味がないのかもしれない(宮武葉子)
7.掌の上の世界(山崎健太)
8.風景画の発見(都留由子)

【上演記録】
維新派風景画-東京・池袋
構成・演出:松本雄吉
西武百貨店池袋本店4階まつりの広場(2011年10月7日-16日)
上演時間 :85~90分(休憩なし)
出演者、スタッフの記載は、FTサイト、維新派サイトともになし。
料金:自由席 一般 前売 5,000円(当日 +500円)、学生 3,000円、高校生以下 1,000円(前売・当日共通)

▽特別トークイベント
維新派『風景画-東京・池袋』をめぐって-「都市と風景」を語る
日時:10/9(日)19:00-20:30
出演:松本雄吉×ゲスト
会場:池袋コミュニティ・カレッジ(公演会場隣り)
主催・お問い合わせ:池袋コミュニティ・カレッジ

▽『風景画-岡山・犬島』 公演
 会場:犬島・中の谷入江(岡山市東区犬島/犬島港から徒歩3分)
 日程:2011年 9月 23日(金・祝)、24日(土)、25日(日)
 料金:一般3,000円 高校生以下1,000円


「維新派「風景画-東京・池袋」」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: 井上嘉和
  2. ピンバック: おとうた通信
  3. ピンバック: やまだ
  4. ピンバック: Imai Miho

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください